3時間心臓ドッグのご案内

64列マルチスライスCT

当院では、平成19年12月の開院より、64列マルチスライスCTを導入し、心臓CT検査実施しています。 この最新の心臓CT装置は、画像が非常に鮮明となり、冠動脈病変の診断が可能となりました。 検査は短時間で終了します(約15分、撮影時間は、15秒程度です。)造影は、腕の静脈から点滴をして、50~80ml程の造影剤で検査します。

検査時は、CTのベッドに寝ていただき15秒程度の息止めを5~6回していただくだけですので、 心臓ドックを受けられる方の精神的、肉体的負担が軽減されています。 この心臓CTでは、動脈硬化の程度、狭心症や心筋梗塞などの早期診断と早期治療に非常に役立っています。

3F-CT室


64列マルチスライスCT・エコーで撮影した画像

64列マルチスライスCT・エコーで撮影した画像