心臓血管内科

心臓血管内科

心臓は血液を全身の臓器に供給するポンプの役割をはたし、1日に約10万回、生涯休みなく拍動しています。
循環器疾患(心血管疾患)は、癌と同様に、自覚症状が無いまま病状が進行し、症状が現れたときは重症となっており、時には死に至る危険性の高い、いわゆる「サイレントキラー」です。
心臓だけでなく血管の疾患でもあるため、他の重要な臓器への血流にも影響を及ぼします。
休むことなく過酷に働き続けている心臓に気を配り、初期の段階で治療を行うことが大切です。

日本人の死因の第2位は心臓病です。

心疾患が原因で亡くなる人の数は癌に次いで2番目に多く、 そのうち半分を占めるのが、心臓に栄養や酸素を送る冠動脈が狭くなり十分な血液が届かなくなる狭心症と、 冠動脈が詰まって心臓の筋肉の一部が壊死(えし)する心筋梗塞(こうそく)です。
「痛くなってから」「症状が出てから」では手遅れになる可能性があります。
手遅れにならない為には早期発見、早期治療がキーポイントです。

対象疾患

  • 高血圧
  • 虚血性疾患(狭心症、心筋梗塞)
  • 心筋疾患(肥大型心筋症、拡張型心筋症)
  • 弁膜疾患(大動脈弁・僧帽弁の狭窄症や閉鎖不全症)
  • 不整脈
  • 心不全
  • 閉塞性動脈硬化症