心臓血管内科

心臓と血管の病気

心臓と血管の病気

心臓は「心筋」と呼ばれる特殊な筋肉からできており、心臓の周りを包み込むように存在している「冠動脈」という血管によって酸素や栄養分を含む血液を心筋に供給しています。冠状動脈には、太い3本の枝があり、心臓の回りを王冠のようにめぐっています。

高血圧の状態が長く続いたりコレステロールがたまることで、血管の中が硬く狭くなり、血液が通りにくくなります。これが動脈硬化です。

動脈硬化はいろいろな動脈に起こりますが、それが冠動脈に起こり、冠動脈が狭くなると心筋に十分な酸素を供給できなくなり、とくに運動などによって心筋が多量の酸素を必要としたときに心筋は酸素不足になります。この状態を「虚血」といい、運動をしたときなどに酸素不足から胸が苦しくなるのが狭心症です。冠動脈がさらにつまると血流がとだえ、その先の心筋細胞が死ぬと心筋梗塞となり、激烈な痛みが起きます。狭心症と心筋梗塞をあわせて虚血性心疾患と呼びます。

また、虚血性心疾患や他の心臓の病気、自律神経の興奮などにより心筋の電気系統に異常が生じ、脈が乱れるのが不整脈で、動悸がする、胸が苦しい、脈が飛ぶなどの症状が出ます。不整脈が原因で心臓のポンプ活動に影響を及ぼし、心不全の原因となることもあります。