心臓と血管の病気

狭心症と心筋梗塞の違い

狭心症

冠動脈の血管が狭くなり、心臓へ送る血液の量が少なくなってるものをいいます。この狭心症は、たまに胸が痛くなる程度で、痛みはおさまります。

 

心筋梗塞

冠動脈の血管が完全に閉塞して、心臓への血液供給が大幅に減少したり途絶え、心筋が壊死してしまうものを
いいます。
詰まった血管の先には血が流れないため、心筋が壊死して心臓が動かなくなってしまいます。
死んでしまった部分の心筋は元には戻りません。

  狭心症 心筋梗塞
心筋の状態 虚血になっても生きている 一部の心筋が死んでいる
血管の状態 冠動脈の狭窄のため血液が流れにくくなった状態 血栓で冠動脈が完全につまった状態
発症 心臓の仕事量(需要)と冠血流量(供給)の
バランスがくずれて起こる
心臓の需要とは関係なく突然発症することがある
特徴 短時間の胸痛:絞めつけられる、押さえつけられる
ような鈍い痛み(数十秒~10分程度)
冷や汗や吐き気、恐怖感を伴う30分以上続く
耐えがたい痛み
硝酸薬の効果 原因となった労作を中止したり硝酸薬の舌下錠を
使用すると症状がおさまる
硝酸薬の舌下錠を使用しても症状はおさまらない