心臓と血管の病気

虚血性心疾患

心筋梗塞や狭心症は「虚血性心疾患」です

「心筋梗塞」や「狭心症」をまとめて「虚血性心疾患」といいます。
「虚血」とは「血がない状態」を意味します。つまり心臓に十分血がいきわたっていない状態が「虚血性心疾患」です。
動脈硬化で冠動脈の内側が狭くなったり、血管のけいれんが原因で血液が十分に 心臓の筋肉(心筋)にいきわたらなくなったとき、心臓は酸欠(虚血)状態となり、胸痛などの症状としてあらわれます。
 

心血管疾患の危険因子

  • 喫煙
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 年齢が50歳以上
  • 高コレステロール
  • 腎臓病(透析患者)
  • 心臓病または脳卒中の家族歴
  • 肥満
  • ストレス