心臓と血管の病気

心不全とは

心臓のポンプとしての機能が衰え、血液を十分に送り出したり、戻ってきた血液をうまく取り入れられなくなった
状態をあらわす「症候名」です。
虚血性心疾患や、他の心臓病によって心臓の機能が低下すると、心臓はポンプとしての役割を十分果たせなくなり、心不全になります。 心不全の状態になり心臓が送り出す血液の量(心拍出量)が低下すると、だるい、疲れやすい、呼吸が苦しい、息切れ、むくみ、などの症状が起こります。

心臓弁膜症や高血圧、冠状動脈硬化、心筋梗塞など あらゆる心臓疾患が最終的に至る症候群を意味します。