クリニックのご案内

院長ご挨拶

坂井秀章

日本人の高齢化もさることながら、中年以下の人たちも幼少の頃から摂取している食事が欧米化しているのに伴い、心臓病の中でも命にかかわる「虚血性心疾患」(狭心症、心筋梗塞)の発生数は、今後も増加の一途をたどると予想されます。これらの治療は「時間との戦い」であり、発症直後の初期治療が救命率に大きくかかわってきます。

「ながさきハートクリニック」は、心臓病の救急治療に主眼を置いた設備、スタッフを揃え、 24時間365日の対応が可能です。

専門医が “いつでもすぐに治療できる” システムを持ち続けることが患者さまや 地域住民への最大のサービスであると確信し、今後もますます我々のチーム力を上げるための努力を続けていきたいと思っています。

院長:坂井秀章
1985年 長崎大学医学部卒業
1990年 長崎大学大学院 博士課程卒業
1990年~1992年 長崎市立市民病院、長崎大学病院、佐世保市立総合病院など
1993年 社会保険小倉記念病院 循環器内科
1994年 北九州市立八幡病院 救命救急センター 循環器内科部長
2002年 是真会病院 循環器内科主任部長
2003年 ながさき循環器病院 院長
2006年 ハートクリニック院長(長崎市銀屋町)
2007年 12月 長崎市恵美須町に移転し、「ながさきハートクリニック」と名称変更し、有床診療所となる。